産経WEST

エコキュート部品欠陥で和解 鷺宮製作所、三洋電機に交換費用6億3000万円支払い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


エコキュート部品欠陥で和解 鷺宮製作所、三洋電機に交換費用6億3000万円支払い

 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」の部品に欠陥があり、本体に不具合が生じたとして、部品を製造した鷺宮製作所(東京)に対し、製造販売元の三洋電機(大阪市)が交換作業にかかった約9億円の損害賠償を求めた訴訟が15日までに、大阪地裁(金地香枝裁判長)で和解した。鷺宮製作所が約6億3千万円を支払う内容。

 2日付の和解条項では、平成31年末までに発生する交換費用についても、鷺宮製作所が7割を負担することが盛り込まれた。

 訴状によると、エコキュート内部の圧力が高くなった際に運転を止める「圧力スイッチ」の欠陥で、本体が正常に動かなくなる不具合が発生。購入者からクレームを受けた三洋電機は、昨年6月までに約3万3千個について無償で商品や部品を交換し、23年12月~今年9月の間にかかった費用の支払いを鷺宮製作所に求めていた。

 エコキュートの不具合を巡ってはパナソニックも鷺宮製作所に約12億円の損害賠償を求めて提訴し、大阪地裁で係争中。

「産経WEST」のランキング