産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】環境が「性」決める謎、世界初の解明 阪大、光るミジンコでオス遺伝子など2つ連動…エビ、カニ養殖に期待

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【坂口至徳の科学の現場を歩く】
環境が「性」決める謎、世界初の解明 阪大、光るミジンコでオス遺伝子など2つ連動…エビ、カニ養殖に期待

オスの性決定遺伝子の働きを赤色蛍光により観察できるように遺伝子操作したミジンコ(写真下)。右のオスには、代表的な器官である第一胸脚(An1)、第一胸肢(T1)が生え、そこで遺伝子が働いているのがわかる。左のメスでは働いていない。点線内の赤い蛍光はエサとして食べたクロレラの蛍光。写真上はミジンコの画像で、同中央は全体像がわかるように緑色の蛍光で光らせている(大阪大学提供) オスの性決定遺伝子の働きを赤色蛍光により観察できるように遺伝子操作したミジンコ(写真下)。右のオスには、代表的な器官である第一胸脚(An1)、第一胸肢(T1)が生え、そこで遺伝子が働いているのがわかる。左のメスでは働いていない。点線内の赤い蛍光はエサとして食べたクロレラの蛍光。写真上はミジンコの画像で、同中央は全体像がわかるように緑色の蛍光で光らせている(大阪大学提供)

 加藤助教は「ミジンコは、環境に応じて、オスの性を決定する遺伝子など2つの遺伝子を連動させてタイミングよく始動させていることがわかりました。生物は種の存続のために、性決定の仕組みを多様化させ進化していったのでしょう」と話す。甲殻類であるミジンコの性決定遺伝子と遺伝子操作技術は、同じ甲殻類のエビやカニの養殖技術で一方の性を多く作る技術に応用できる可能性がある、という。   (坂口至徳)

▼ そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む 

坂口至徳 坂口至徳 昭和50年、産経新聞社入社。社会部記者、文化部次長などを経て編集局編集委員兼論説委員、客員論説委員。この間、科学記者として医学医療を中心に科学一般を取材。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング