産経WEST

オートキャッシャーごと現金275万円盗む 香川・愛知県警など男3人を再逮捕 相次ぐ“郵便局荒らし”との関連捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


オートキャッシャーごと現金275万円盗む 香川・愛知県警など男3人を再逮捕 相次ぐ“郵便局荒らし”との関連捜査

 愛知、香川両県警などは15日、高松市などの郵便局で出入金管理用の機械ごと現金を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで住所不詳、自称自営業、伊藤次郎容疑者(52)ら3人を再逮捕した。

 東海地方では8月以降、会社事務所などが荒らされる被害が約30件あり、四国では郵便局荒らしが相次いで発生。両県警など8県警が、同一グループの犯行の可能性があるとみて調べている。

 逮捕容疑は、9月22日午前0時40分ごろ、高松市の郵便局に侵入し、窓口で出入金の管理をするオートキャッシャーごと現金275万円を、同日午前2時20分ごろには香川県東かがわ市の郵便局で193万円などを盗んだ疑い。

 他に逮捕されたのはいずれも住所不詳、自称作業員、冨田直道容疑者(42)と、自称派遣社員、中山忠容疑者(45)。3人は、再逮捕容疑と同じ9月22日に徳島県美馬市の郵便局でパソコンを盗んだ疑いで、愛知県警などが逮捕していた。

「産経WEST」のランキング