産経WEST

森脇健児さんらPR大使、枚方の思い出語る 市制70周年記念式典

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


森脇健児さんらPR大使、枚方の思い出語る 市制70周年記念式典

故郷・枚方の思い出を語る森脇健児さん(右)ら=大阪府枚方市民会館 故郷・枚方の思い出を語る森脇健児さん(右)ら=大阪府枚方市民会館

 大阪府枚方市は、市制施行70周年の記念式典を同市岡東町の枚方市民会館大ホールで開催。タレントの森脇健児さんら地元出身の市PR大使5人のトークショーが行われた。

 枚方市は昭和22年8月1日に市制施行。式典では、伏見隆市長らがあいさつしたほか、地元で親しまれていた府指定無形民俗文化財「淀川三十石船舟唄」を上演。地元出身の枚方市PR大使5人が対談し、ひらかたパークや牧野のヤングプラザ(閉店)で遊んだ幼少期の写真を見せながら、それぞれが思い出を語った。

 ロックバンド「アンダーグラフ」ボーカル、真戸原直人さんは「枚方は大阪と京都の真ん中だけに、上品ながめつさがある」。森脇さんは「やっぱり明るい枚方市があるとホッとする。これからも皆で盛り上げていきましょう」と語った。

「産経WEST」のランキング