産経WEST

【依存~歪んだアイドル崇拝(3)】39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 不満忘れられる夢の空間「すべて嵐」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~歪んだアイドル崇拝(3)】
39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 不満忘れられる夢の空間「すべて嵐」

男性アイドルグループのコンサート後に会場から出てきた女性ファンら。成人後もアイドルにはまる女性は少なくない (南雲都撮影、写真は本文と関係ありません) 男性アイドルグループのコンサート後に会場から出てきた女性ファンら。成人後もアイドルにはまる女性は少なくない (南雲都撮影、写真は本文と関係ありません)

 憧れていた華やかな世界はあきらめたが、夫との生活に不満はなく、3人の子供にも恵まれ、それなりの幸せを感じていたという。

 「結婚当初は携帯電話の待ち受け画面だけでなく、手帳や冷蔵庫にまで夫の顔写真を貼り、友人がうらやむ仲の良さやったんよ」。川上は振り返る。

 だが、飲食店を経営する夫が新店舗を開いた5年ほど前から、すれ違いが目立つようになった。正月以外はほぼ休みがなく、家で顔を合わせることさえない。

自分や子供に関心を示さない夫

 子供や自分が病気になっても関心を示そうとしない態度にいらだちを覚え、夫への不満から姑(しゅうとめ)との関係がぎくしゃくし、夫からの愛情を感じなくなった。

 嵐にのめり込んだのは、そんな鬱屈した日常を忘れるためだった。嵐が演出する空間は、キラキラした夢のような場所で、嵐がいるから子育ても家事もがんばれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 不満忘れられる夢の空間「すべて嵐」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング