産経WEST

下着に隠し金塊30キロ密輸、女5人に有罪 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


下着に隠し金塊30キロ密輸、女5人に有罪 名古屋地裁

 韓国から中部空港(愛知県常滑市)まで金塊約30キロを密輸したとして、関税法違反などの罪に問われた韓国籍の無職、李芳子被告(67)=同県岡崎市=ら女5人の判決で名古屋地裁は14日、李被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)、他の4人に懲役1年、執行猶予3年(同懲役1年)を言い渡した。

 判決理由で安福幸江裁判官は5人について「細工をした下着に、金塊を隠して密輸を実行するなど不可欠な役割を果たした」と指摘。密輸グループの指示役と連絡を取っていた李被告の責任が一番重いと判断した。

 一方で「いずれもグループ全体では従属的な地位で、事実を認めて反省している」と執行猶予を付けた理由を述べた。

 判決によると、5人は共謀し昨年12月12日、韓国から中部空港まで金塊30個(計約30キロ)を隠して渡航。うち20個を密輸して消費税約670万円の納付を逃れた。残り10個は税関に発見された。

「産経WEST」のランキング