産経WEST

「数日間寝ていなかった」松山市中心部50分間、乗用車暴走の男

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「数日間寝ていなかった」松山市中心部50分間、乗用車暴走の男

松山市の中心部を暴走する乗用車=13日午後 松山市の中心部を暴走する乗用車=13日午後

 松山市中心部で13日、乗用車で暴走したとして道交法(転回禁止)違反の疑いで現行犯逮捕された会社員在間亮平容疑者(41)=愛媛県今治市立花町3丁目=が「数日間寝ていなかった」などと供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 60代女性をはねており、松山東署は道交法違反(ひき逃げ)容疑だけではなく、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑での再逮捕も視野に捜査している。

 松山東署によると、在間容疑者はタオル製造に携わる会社員。「ストレスから自暴自棄になってむちゃな運転をした」と容疑を認めている。車の後部座席には母親を乗せており、動機を調べる。

 松山東署は計5件の物損事故を把握。松山市花園町で赤信号の交差点に進入し、自転車の60代女性をはねて軽傷を負わせた疑いがある。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング