産経WEST

【横綱・日馬富士暴行】横綱・日馬富士関の暴行問題で鳥取県警が捜査へ すでに事実関係などを関係者から確認

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
横綱・日馬富士関の暴行問題で鳥取県警が捜査へ すでに事実関係などを関係者から確認

謝罪のため部屋を出る伊勢ヶ浜親方と日馬富士関=福岡県・太宰府天満宮(中島信生撮影) 謝罪のため部屋を出る伊勢ヶ浜親方と日馬富士関=福岡県・太宰府天満宮(中島信生撮影)

 横綱・日馬富士関の暴行問題で、貴ノ岩関の師匠貴乃花親方が鳥取県警に被害届を出したことを受け、県警が事実関係の確認など捜査を進めていることが14日、関係者への取材で分かった。トラブルの有無など当時の状況を詳しく調べる。

  師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は暴行の事実を認めているが、相撲協会は日馬富士関に対する処分や調査結果は九州場所中に出さず、事実関係が判明するまで先送りするという。

 春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、相撲協会は14日に伊勢ケ浜親方と貴ノ岩関の師匠である貴乃花親方(元横綱)を事情聴取した。貴乃花親方は10月下旬に鳥取県警へ被害届を提出したことを報告。伊勢ケ浜親方は暴行の事実を認めた。貴乃花親方は「危機管理委員会にお任せし、指示に従う。いち早く究明したい」と述べたという。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング