産経WEST

【加計学園】「風評被害あるのでは」医学部新設に喜びと不安 学園関係者や新設予定地

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【加計学園】
「風評被害あるのでは」医学部新設に喜びと不安 学園関係者や新設予定地

学校法人「加計学園」が岡山理科大獣医学部を新設予定の建設現場=愛媛県今治市 学校法人「加計学園」が岡山理科大獣医学部を新設予定の建設現場=愛媛県今治市

 林芳正文部科学相が14日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)による岡山理科大獣医学部の新設計画を認可したことに、学園関係者が喜ぶ一方、予定地の愛媛県今治市からは不満の声も上がった。

 学園関係者を今治市に紹介するなど誘致に関わってきた同市選出の本宮勇愛媛県議(63)は「長年の思いがようやく実って本当に良かった。地域の活性化や獣医師不足解消を期待したい」。その上で「加計学園の獣医学部というだけで悪いイメージが付いてしまった。入学者が敬遠してしまう『風評被害』があるのでは」と不安も吐露する。

 今治市内で喫茶店を営む黒瀬堅吾さん(73)は「獣医学部ができるのはいいが、これまでの手続きが納得できない。税金を支出した今治市民が今後損害を受けるようなことがあってはいけない」と憤った。

 新学部の学部長に就任予定の吉川泰弘新学部設置準備室長は、新設計画が正式認可されたことに「ここまで長かった。素直にうれしい」と安堵した。認可が当初の想定より大幅に遅れたが、12月にも始まる予定の推薦入試や来春の一般入試に向けて「オープンキャンパスや高校生の進学相談など、できることをしっかりやりたい」と力を込めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング