産経WEST

「骨折などさせていない」と容疑を否認 6カ月女児虐待疑いで会社員を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「骨折などさせていない」と容疑を否認 6カ月女児虐待疑いで会社員を逮捕

 生後6カ月の長女に暴行し、腕を骨折させる重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課は14日、傷害容疑で大阪市淀川区新高、会社員、川崎大樹(まさき)容疑者(32)を逮捕した。「骨折などさせていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は今年1月24日未明~同日午後、自宅マンションかその付近で、何らかの方法で長女に暴行を加え、左腕の骨を折る重傷を負わせたとしている。

 同課によると、川崎容疑者は当時、長女と妻の3人暮らし。同日午後に長女が泣き叫び、左腕に力が入っていない様子だったため、同月26日に病院を受診したところ、骨折の疑いが浮上した。

  

「産経WEST」のランキング