産経WEST

【歴史戦】黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史戦】
黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

慰安婦像をめぐる大阪市と米サンフランシスコ市の動き 慰安婦像をめぐる大阪市と米サンフランシスコ市の動き

大阪市議会の議決否決、「設置を認めたかのように国際社会に受け取られる」

 外交問題は国の専権事項であり、自治体が個別に動くべきではないという意見に対しては、「国や州が行うことならば僕は何も言わないが、大阪市はサ市の姉妹都市としてカウンターパートである以上、当然、意思表示しなければいけない問題」と反論。特にサ市では「市議会が積極的に、慰安婦像の受け入れについてリー市長の後押しをしている」と指摘した。

 また、大阪市議会が2度にわたり慰安婦像の設置の再検討をサ市に求める議決を否決したことを、「慰安婦像と碑の設置を認めたかのように国際社会に受け取られる。非常に残念」と述べた。

姉妹都市より像優先のサ市 「このままいけば信頼関係はお互いになくなる」

 姉妹都市解消の代わりに一時的な交流停止などの対応を望む意見については、「交流を停止してもその間、慰安婦像は設置され世界へ広められている状態で意味がない」。慰安婦像の設置については橋下徹前市長の時代から懸念を伝えてきたとし、「このままいけばサ市が姉妹都市より像を優先したということになる。信頼関係はお互いになくなる」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

「産経WEST」のランキング