産経WEST

【歴史戦】黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史戦】
黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

慰安婦像をめぐる大阪市と米サンフランシスコ市の動き 慰安婦像をめぐる大阪市と米サンフランシスコ市の動き

 慰安婦像と碑の公共物化をめぐり、13日、米サンフランシスコ市との姉妹都市関係の「年内解消」に言及した吉村洋文大阪市長。産経新聞の単独インタビューでは「姉妹都市というカウンターパートとして、『受け入れられない』と明確な意思表示をしなければならない」と強調。「国際社会では、黙っていれば認めたと受け取られる」と国や他都市にも警鐘を鳴らした。14日(日本時間15日)のサ市議会で在米中国系民間団体からの像や碑の寄贈受け入れ決議を可決し、24日(同25日)の期限までにエドウィン・M・リー市長が拒否権を行使しなければ、サ市として正式な受け入れが決まることになる。

「性的に奴隷化」「何十万人」「捕らわれの身のまま亡くなった」…碑文は不確かな主張

 吉村市長は碑文にある「性的に奴隷化」という表現「(被害者が)何十万人」という数字、「戦時中の捕らわれの身のまま亡くなった」という3点について、「歴史家の間でも見解が一致せず日本政府の見解などとも違う不確かな主張を一方的に真実かのように記している」と指摘。「僕自身の歴史認識とも異なる」とした。

 また、国際社会で互いに非難し合うことを控えることなどで合意した、平成27年の慰安婦問題に関する日韓合意にも言及。ケリー米国務長官(当時)ら政府高官が「国際社会に合意を支持するよう求める」と述べるなど、米国も合意の内容を尊重する立場であり、「サ市が碑や慰安婦像を展開するのは、米連邦政府の方針と違う」とも指摘した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 黙っていれば認めたと受け取られる-サ市慰安婦像問題で大阪市長「自治体も明確な意思表示必要」

「産経WEST」のランキング