産経WEST

【鉄道ファン必見】桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍

愛称の「桃太郎」の文字を掲げるEF210の側面 愛称の「桃太郎」の文字を掲げるEF210の側面

 「桃太郎」「金太郎」といえば、今どきは携帯電話のCMの登場人物だが、貨物列車の世界では機関車の愛称になる。桃太郎が直流電化区間のエース的存在として君臨するEF210、金太郎は2つの車体を連結し、パワーが持ち味のEH500。「浦島太郎」はいないが、ほかの機関車にも愛称がつけられ、ファンの間で親しまれている。

 押して引いてダブル桃太郎

 JR山陽線の西条駅(広島県東広島市)では、桃太郎ことEF210が押したり、引っ張ったりする活躍を間近で見ることができる。桃太郎が牽引する上り貨物列車は遅いスピードで西条駅に滑り込み、やがて停車する。列車の一番後ろを見ると、桃太郎がもう1両連結されている。広島駅から西条駅の間には「セノハチ」(瀬野-八本松)という急勾配区間があり、上りの貨物列車には後部に補機の機関車が連結され、坂路を押し上げているのだ。

 桃太郎は補機としても本務機としても使われるケースが多く、列車の両端で協力しながら勾配を上る。停車中に補機は切り離され、岡山方向へ去って行った列車を見送った後、単身で広島方向へ戻っていく。

▼【写真ずらり】最後尾ふんばる「桃太郎」…貨物列車の編成美(こちらをクリック)

 EF210は平成8(1996)年に登場。配属先が岡山機関区ということで、ご当地にちなんだ名前がつけられた。車体横に「桃太郎」の文字を掲げ、東海道・山陽線、東北線などを快走する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍
  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍
  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍
  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍
  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍
  • 桃太郎に金太郎、スマホCMではなく機関車の愛称 赤いクマさんも活躍

「産経WEST」のランキング