産経WEST

【万博を大阪に(中)】デザイン競う挑戦の場 コシノジュンコさん・デザイナー 誘致特使に聞く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【万博を大阪に(中)】
デザイン競う挑戦の場 コシノジュンコさん・デザイナー 誘致特使に聞く

日本の伝統文化を生かしたオリジナリティーをアピールすることが大切と強調するコシノジュンコさん(古厩正樹撮影) 日本の伝統文化を生かしたオリジナリティーをアピールすることが大切と強調するコシノジュンコさん(古厩正樹撮影)

 政府が大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま=大阪市此花区)に誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)。11月15日には立候補国の第2回プレゼンテーションがパリの博覧会国際事務局(BIE)総会で行われる。外務省は「万博誘致特使」に国際的に活躍する3人の著名人を起用。その一人、デザイナーのコシノジュンコさんに大阪万博への思いを聞いた。(牛島要平)

 万博は建築をはじめ、いろいろなデザインを競う大きな挑戦の場。実験や遊びの要素がいっぱいあっていい。世界中の人たちの人生が変わるくらいの、まだこういう経験をしたことがないというような、大人の遊び場になったらいい。子供たちにも将来の夢を見せてあげて、ちょっと背伸びできるような場所にしてほしい。

 会場になる夢洲はデザインにうってつけの舞台。新しい島に別天地の未来都市をつくれる。ゼロからの発想で大胆なことができる。六角形に埋め立てられた幾何学形状は、分かりやすく表現するには一番いい。6つのラインがあって変化もあり、のびのびデザインできる。まさに「デザインの島」だ。

 ここに街が広がる。従来の大阪の延長ではなく、新しい大阪の象徴をまっさらな考えでつくる。とてもやりがいのあること。大胆に海を利用した、海のロマンと建築というテーマはすごく魅力的。「海から見た陸」「陸から見た海」という視点で、見たことがない大きなことができる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング