産経WEST

【衝撃事件の核心】「来て見て便利な梅旧院」駅チカビル型納骨堂の女社長が手を染めた脱税ビジネス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「来て見て便利な梅旧院」駅チカビル型納骨堂の女社長が手を染めた脱税ビジネス

ビル型納骨堂「梅旧院光明殿」を運営する「光明殿」社長の山口幸子容疑者が法人税法違反容疑で逮捕された。関西では「来て見て便利な梅旧院」のフレーズのテレビCMで有名な存在だった ビル型納骨堂「梅旧院光明殿」を運営する「光明殿」社長の山口幸子容疑者が法人税法違反容疑で逮捕された。関西では「来て見て便利な梅旧院」のフレーズのテレビCMで有名な存在だった

 その上で、一般的に墓地の運営は「自治体が担うのに比べ、民間が墓地や納骨堂を運営すると、料金が高額になる傾向があり、金額が不透明なケースも多く、トラブルが起きやすい」と指摘。「墓地や納骨堂の運営は公益性が高いものでもあり、利用者の利便性やサービスの追求だけではなく、経営の透明性を高める必要がある」と求めている。

このニュースの写真

  • 「来て見て便利な梅旧院」駅チカビル型納骨堂の女社長が手を染めた脱税ビジネス

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング