産経WEST

出産後ミスで子供に脳性まひの障害、1億4千万円賠償 高血糖値、適切な処置怠る 大分・中津市民病院

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


出産後ミスで子供に脳性まひの障害、1億4千万円賠償 高血糖値、適切な処置怠る 大分・中津市民病院

 大分県中津市が運営する中津市民病院は13日、40代女性が産んだ子供の血糖値が低かったのに適切な処置を怠り脳性まひの障害が残ったとして、女性側に1億4千万円の損害賠償をすると発表した。子どもは現在6歳で、自力での歩行や着替えが難しい状態という。

 病院によると、子供は男児で双子の第2子。出産直後の検査で血糖値が低かったが、その他の健康状態は正常だったため、その後定期的に血糖値の状態を確認せず、適切な処置を怠っていた。

 市は、12月の定例市議会に損害賠償に関する議案を提出し、議決を求める。

「産経WEST」のランキング