産経WEST

【芸能考察】米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能考察】
米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 11月18日(金)梅田ブルク7他配給: ギャガ(C) 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved. 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 11月18日(金)梅田ブルク7他配給: ギャガ(C) 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

 本作の制作・監督・演出を務めるトラヴィス・ナイトは「ライカ」の最高経営責任者(CEO)を務め、黒澤明監督や宮崎駿監督の作品はもちろん、日本の漫画やアニメが大好きな大の“日本通”で知られる。

 そんな彼が、黒澤映画の影響で最も好きになった、侍(さむらい)が活躍した頃の日本の文化や芸術、風習、言い伝えなどを徹底的に調べて作り上げたのが本作なのだが、宣伝文句にある「この映画をアメリカ人が作ったというから二度驚く。日本も捨てたモンじゃない!」という、あのスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのコメントが全く大げさではない、でき映えなのだ。(以下、ネタバレを含みますので、読みたくない方は最後まで飛ばしていただければと思います)

 主人公の少年、クボ(声・アート・パーキンソン)は、三味線を弾きながら物語に合わせて折り紙を自由自在に操るといった不思議な力を持っている。しかし彼には左目がない。幼い頃、闇の魔力を持つ月の帝(声・レイフ・ファインズ)から奪われたのだ。

 母によると、侍だった父ハンゾウは月の帝から家族を守って命を落としたが、その月の帝こそ、彼の祖父だという。クボにはそのことが信じられなかった。

 クボと母は闇の勢力から身を隠すため、最果ての地でひっそり暮らしていたが、見つかってしまい、母も命を落とす。父母の仇(かたき)を取るため旅に出たクボは、面倒身の良いサル(声・シャーリーズ・セロン)と、お調子者だが弓の名手で、クボの父、ハンゾウに使えていたと訴えるクワガタ(声・マシュー・マコノヒー)とともに、真相を探ろうとするが…。

 侍が活躍した時代の文化や風習を米国人がここまで調べ、欧米人には理解し難いであろう古来からの日本的価値観を元に、単なる勧善懲悪ではない深い物語を構築したことに大いに驚いた。さらに、作品全体に感じられる水墨画や浮世絵からの影響や、本当にストップモーション・アニメで撮影したのかと思わせる登場人物たちの自然な表情や動きも素晴らしい。

 アニメというと子供向けと思われがちだが、本作は大人にこそ見てほしい内容だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

関連ニュース

「産経WEST」のランキング