産経WEST

【芸能考察】米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能考察】
米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 11月18日(金)梅田ブルク7他配給: ギャガ(C) 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved. 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 11月18日(金)梅田ブルク7他配給: ギャガ(C) 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

 最近のハリウッド映画で目立つのは、中国への露骨なすり寄りぶりだ。

 例えば2013年公開の宇宙SF「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)のように、船外活動中の不慮の事故で宇宙空間に放り出されたサンドラ・ブロック演じる医療技師ライアン・ストーン博士が数々のピンチを切り抜け、中国の宇宙ステーション「天宮」にたどり着き、最後は中国の有人宇宙船「神舟」で地球に帰還。

 また、2015年公開の宇宙SF「オデッセイ」では、火星にひとり取り残されたマット・デイモン扮(ふん)する宇宙飛行士マーク・ワトニーの救出作戦に乗り出すも、手詰まりになった米航空宇宙局(NASA)に救いの手を差し伸べた“救世主”が何と、中国の宇宙開発を担う中国国家航天局(CNSA)だった。

 実際、作品自体に中国資本が出資している例も少なくなく、そんな作品が中国贔屓(ひいき)になるのは当たり前と言えば当たり前なのだが、そんなハリウッドにも、驚くほど日本文化に造詣(ぞうけい)が深いクリエイターがいることをこの作品で知った。

 米では昨年の8月15日、日本では今年の11月18日から公開されるストップモーションアニメ映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」(制作・監督・演出、トラヴィス・ナイト)だ。

■黒澤明・宮崎駿など大好きな“日本通”アメリカ人が…ジブリ鈴木Pも「二度驚く」でき映え

 ストップモーション・アニメとは、静止している絵や人形を1コマごとに少しずつ動かしてカメラで撮影し、それらが動いているかのように見せるアニメのことだ。

 この作品、2005年に米オレゴン州ポートランドで設立され、「ティム・バートンのコープスブライド」(05年)の制作に携わって有名になり、07年の長編映画第1弾「コララインとボタンの魔女 3D」で米ゴールデン・グローブ賞のアニメ映画賞の候補になった映像制作会社「ライカ」が手がけた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米ハリウッドが描くサムライ日本「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の凄さ 大人こそ必見アニメの悲しい物語

関連ニュース

「産経WEST」のランキング