産経WEST

【宝塚歌劇団】雪組新トップ、望海風斗、相手役の真彩希帆 本拠地お披露目公演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
雪組新トップ、望海風斗、相手役の真彩希帆 本拠地お披露目公演

本拠地お披露目公演で抜群のコンビネーションを見せる宝塚雪組新トップ、望海風斗(右)と相手役の真彩希帆 本拠地お披露目公演で抜群のコンビネーションを見せる宝塚雪組新トップ、望海風斗(右)と相手役の真彩希帆

 宝塚歌劇団雪組新トップ、望海風斗(のぞみ・ふうと)と相手役の真彩希帆(まあや・きほ)の本拠地お披露目公演「ひかりふる路(みち)~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」(作・演出、生田大和)「『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-」(作・演出、野口幸作)が10日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。トップ本拠地お披露目公演は、オリジナルの2本立て。ともに高い歌唱力を誇る新トップコンビはその力を存分に発揮し、観客を魅了した。12月15日まで。

 「ひかりふる-」は、世界的な作曲家、フランク・ワイルドホーン氏が全曲を書き下ろした話題作。フランス革命の中心人物の1人で、理想に燃えた革命家マクシミリアン・ロベスピエール(望海)の葛藤を、彼に近づく女性、マリー=アンヌ(真彩)や仲間との関わりを交えて描く。

 役柄の心情を表す壮大な楽曲を軸に、物語が進んでいく。ワイルドホーン氏のドラマチックな楽曲は難曲とされるが、高い歌唱力を誇る新トップコンビは見事に表現していく。多数用意された大勢での楽曲も力強く、組のメンバーそれぞれの力を感じさせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 雪組新トップ、望海風斗、相手役の真彩希帆 本拠地お披露目公演

「産経WEST」のランキング