産経WEST

【エンタメよもやま話】AIどころか…あの投資銀行「人類は映画マトリックス級VR仮想世界に住んでる…確率50%」驚愕リポート、嘘か真実か欧米騒然

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
AIどころか…あの投資銀行「人類は映画マトリックス級VR仮想世界に住んでる…確率50%」驚愕リポート、嘘か真実か欧米騒然

「われわれはマトリックスの世界に住んでいるのか? (そのことについて)科学者たちは、われわれの世界がコンピューターによるシミュレーションであるという理論を打ち破った」という見出しの米経済系ニュースサイト、インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)の英国版10月3日付 「われわれはマトリックスの世界に住んでいるのか? (そのことについて)科学者たちは、われわれの世界がコンピューターによるシミュレーションであるという理論を打ち破った」という見出しの米経済系ニュースサイト、インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)の英国版10月3日付

 このIBTの英国版や10月2日付の英大衆紙ザ・サン(電子版)などによると、英オックスフォード大の研究チームが、ヒトの脳とコンピューターが巨大スケールの同時相互作用を作り出すことは不可能であり、いくつかの自然現象はコンピューターでは決してシミュレーションできないことを発見したという研究結果を発表したのです。

 欧米でのこの一連の議論、今後も続きそうな気配なのですが、日本では全く紹介されていないので、今回、昨秋までさかのぼってご紹介しました。しかし、映画「マトリックス」シリーズで描かれた世界が18年を経て、現実化に向けて進んでいるとは…。

 自動車はわれわれを勝手に目的地まで連れて行き、ロケット型の旅客機だとニューヨーク~パリ間がたったの30分で、宇宙旅行が普通になり、多くの仕事がAIやそれを搭載したロボットに取って代わられる。そしてそんな社会は実はコンピューターのシミュレーションが作り出した仮想現実だった…。SF小説の“夢オチ”としては完璧なのですが、それが現実ならちっとも笑えませんね。(岡田敏一)

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング