産経WEST

【理研が語る】宇宙と素粒子の未解明現象、解明にはスパコン「京」が千台あっても足りない…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【理研が語る】
宇宙と素粒子の未解明現象、解明にはスパコン「京」が千台あっても足りない…

宇宙誕生ビッグバン流れ 宇宙誕生ビッグバン流れ

 今、必要だと考えられている計算を全部いっぺんにやろうとするとスパコン「京(けい)」が1千台あっても足らない。だから私は、少しでも効率よく計算できるような方法を研究しつつ、宇宙と素粒子の未解明現象を調べている。

 ドイツのレーゲンスブルク大の研究員時代には、IBM社と共同でQCD計算専用スパコンを開発したが、他分野の研究者や技術者との共同研究は思いの外楽しかった。今、富士通と共同でポスト「京」の開発を行っているが、ドイツ時代の経験が役に立っている。

 宇宙には、まだわかっていないことがたくさんある。物理学の最先端に身を置き、未来永劫変わることのない真理の探究に少しでも貢献できれば幸せだ。

 中村宜文(なかむら・よしふみ) 理研AICS研究員。博士(理学)。平成17年、金沢大大学院自然科学研究科博士後期課程修了。同年、ドイツ電子シンクロトロン研究所研究員、20(2008)年、レーゲンスブルク大研究員。22年、筑波大学研究員を経て、23年より現職。スパコンを用いた素粒子物理学の研究とポスト「京」の開発を行っている。

このニュースの写真

  • 宇宙と素粒子の未解明現象、解明にはスパコン「京」が千台あっても足りない…
  • 宇宙と素粒子の未解明現象、解明にはスパコン「京」が千台あっても足りない…

「産経WEST」のランキング