産経WEST

【西論】神鋼不正問題 解体的出直しの覚悟を見せよ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
神鋼不正問題 解体的出直しの覚悟を見せよ

独自路線を進む神戸製鋼の東京本社。データ不正問題の出口は見えない中、次の動きが注目される=東京都品川区 独自路線を進む神戸製鋼の東京本社。データ不正問題の出口は見えない中、次の動きが注目される=東京都品川区

 あまりの品質軽視に言葉も出ない。関西発祥の名門企業、神戸製鋼所による検査データの改竄(かいざん)問題のことだ。最初の公表(10月8日)から1カ月がたつが、新たな不正が次々と明らかになり、事態収拾のめどは全くたっていない。最初に結論めいたことを書けば、この泥沼化した問題が収束するのには相当の時間を要し、最終的には「神鋼解体」にまで行きつくのではないか。それほど問題は根深い。

 ◆日本製品への信頼失墜

 「神戸製鋼の信頼度がゼロに落ちた」。川崎博也会長兼社長は10月12日、こう述べたが、この問題は神鋼という一企業にとどまらず、日本の製造業に対する信頼を失墜させる重大事案に発展するかもしれない。製造業の生命線である「品質」で国内外の顧客を欺いたからだ。米紙ニューヨーク・タイムズは10月11日付の1面で「日本のイメージに打撃」との見出しを掲げて同問題を取り上げ、日本の製造業に対する高い評価が損なわれると報じている。

 クルマ、新幹線、航空機、ロケット、原子力発電所、自衛隊の防衛装備品…。今回、強度などの検査データが改竄されていた製品が納められていた分野は広く、日本国内のメーカーだけでなく、米ゼネラル・モーターズ(GM)、米ボーイングといった海外大手にも大量の製品が供給されている。

 深刻なのは製造現場が改竄に直接関与し、品質をゆがめていたことだ。「カイゼン」で知られ、世界の製造業が手本とするトヨタ自動車の生産方式に代表されるように、「日本製品」の品質は現場が支えてきたといっても過言ではない。神鋼の不正では顧客と契約した製品の強度やサイズが条件を満たしていないにもかかわらず、現場の判断で「適正」として顧客の了承なしに出荷していた。

 なぜ、現場が不正に手を染めたのか。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング