産経WEST

【スポーツの現場】サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの現場】
サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」

 アジアを渡り歩いてきた苦労人のサッカー選手が、大阪で奮闘している。日本フットボールリーグ(JFL)のFC大阪に加入した井手口正昭(29)だ。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決めた日本代表のニューヒーロー、井手口陽介(21)=G大阪=の兄でもある。香港、ベトナムでプレーした経験を糧に「人生は一度なので、思い切りやりたい」と前を見据えている。(吉原知也)

攻守に奮闘するFC大阪の井手口正昭選手(38)。弟で日本代表MFの陽介に負けない力強いプレーが持ち味だ=大阪府吹田市・万博記念競技場(吉原知也撮影)

JFLでプレー、ゴールで貢献

 10月15日、万博記念競技場(大阪府吹田市)で行われたMIOびわこ滋賀とのリーグ戦で、8月の加入後初のゴールを決め、チームの6-0での大勝に貢献した。現在、JFLで年間4位の好位置につけるFC大阪は、G大阪、C大阪に続いて3クラブ目となる大阪からのJリーグ参入を目指している。

 そんな勢いにあふれるクラブでプレーする正昭選手は、日本とアジアを行き来するサッカー人生を歩んで来た。福岡市出身で、東福岡高から阪南大へ。大学時代には「サッカーをやめたい」と遊びに走りそうになった時期を、母の亜紀子さんら家族やコーチの支えで乗り越えた。2011年にJ2横浜FCに入団し、プロサッカー選手という一つの夢をかなえた。

 だが、本職である守備的MFのポジションで定位置をつかめず、14年に横浜FCが当時参画していた香港1部リーグのチームに期限付き移籍。片言の英語に身ぶり手ぶり、そして持ち味の「スマイル」を押し出してコミュニケーションを図り、チームの輪に溶け込んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」
  • サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」
  • サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」
  • サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」
  • サッカー日本代表のニューヒーロー・井手口の兄・正昭選手がFC大阪で輝き アジアを渡り歩いた苦労人「一度きりの人生、思いっきりやる」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング