産経WEST

【東海の議論】カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東海の議論】
カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

「カワウソゥ選挙」で栄えある初代王者に輝いた「ブブゼラ」(伊勢シーパラダイス提供) 「カワウソゥ選挙」で栄えある初代王者に輝いた「ブブゼラ」(伊勢シーパラダイス提供)

 確かに立候補した中には、人が困った顔のようにみえるカワウソもいて、それぞれの個性が際立っていた。カワウソの魅力の一つは、それぞれ違う表情の豊かさだという。

カワウソカフェも増殖中

 選挙の結果が出た10月15日には、名古屋市中区にカワウソと触れ合える店「かわうそフレンズ」もオープンした。店内には水槽や滑車つきの大ケージとボールやクッションを入れた小ゲージがあり、その中で飼育された3匹のコツメカワウソと触れ合える。

 料金は、ドリンク付き1時間1500円(30分の延長ごとに500円加算)。カワウソは生後から人に育てられたため危害を加える可能性は少なく、手にとってなでたり遊具で一緒に遊んだりできるほか、有料でアユやドジョウのエサやりもできる。

 ほかにハリネズミやプレーリードックなどもおり、飲食店というよりも小動物園の趣だ。

 オープン初日は、ほとんど告知しなかったにもかかわらず、インターネットなどで知った100人を超えるウソラーたちが全国から詰めかけた。

 初めてカワウソに触れたという愛知県知多市の女子大学生(20)は「思ったより大きいし、ふさふさしていてかわいい」と笑顔。一緒に来ていた同県一宮市の男子大学生(20)は「愛らしい一方で甘噛みとはいえ、鋭い牙をむいたときには驚いた」と少しびっくりした様子だった。

 こうした店はカワウソカフェと呼ばれ、東京や大阪、神戸などにもあり、最近のカワウソ人気で全国に広まりつつある。かわうそフレンズの良原儀和代表は「カワウソのかわいさを多くの人に知ってもらいたい」というが、一方で「安易にペットとして飼うことは避けてほしい」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

関連ニュース

「産経WEST」のランキング