産経WEST

【東海の議論】カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東海の議論】
カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

「カワウソゥ選挙」で栄えある初代王者に輝いた「ブブゼラ」(伊勢シーパラダイス提供) 「カワウソゥ選挙」で栄えある初代王者に輝いた「ブブゼラ」(伊勢シーパラダイス提供)

 なお、ブブゼラは選挙期間中の9月3日に急逝。現在はゆるりが、父の分も含めて観光客らの人気を集めている。

表情、個性豊かな立候補者たち

 サンシャインエンタプライズによると、今回の投票は4月から始めた交流WEBサイトで紹介した動物の中で、ペンギンやライオン、パンダなどを押しのけカワウソがフォロー数でトップだったことから企画した。また同社の水族館の飼育員が「うちのが一番かわいい」といっていたため、「本当かどうか確かめよう」との思いもあったという。

 当初、得票は1万票程度と見込んでいたが、予想外の結果に。同社web推進部の高宮一浩課長は「当社のウェブページに限らず、ネット上でカワウソの画像や動画などの閲覧数は多く、何万、何十万のアクセスがあるものも珍しくない。人気の高さを実感していたが、これほど得票が集まるとは」と驚く。

 関係者は、投票期間中に衆院選が決まったことも影響したとみる。衆院選に絡んで「投票」など選挙に関するキーワードを検索すると、「カワウソゥ選挙」がヒットし、企画が広く知られて投票に結びついたとの見方だ。

▼【かわいすぎる写真ずらり】カワイイ、カワウソ…「カワウソゥ選挙」(こちらをクリック)

 さらに8月、絶滅したとされるニホンカワウソ生息の可能性が報じられ(その後、可能性は否定的に)、「カワウソに対する関心が高まったことも影響したかもしれない」(高宮課長)という。

 投票した名古屋市の40歳代の女性ウソラーは「それぞれ容姿が違い、性格や遊び方にも個性が出るのがカワウソ。私は、ある施設のカワウソが飄々とした人の表情に思えて親近感を持ち“推しウソ”(ひいきのカワウソ)としてみんなに応援を呼びかけた」と話す。

カワウソカフェも増殖中…なでたり、エサやり、ただし

このニュースの写真

  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態
  • カワウソは本当にかわいいか…総選挙で50万票の人気も、ネットでは分からない野生の生態

関連ニュース

「産経WEST」のランキング