産経WEST

自宅に母親の死体放置 兵庫・尼崎、同居の49歳男を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


自宅に母親の死体放置 兵庫・尼崎、同居の49歳男を逮捕

 自宅に母親の遺体を遺棄したとして、兵庫県警尼崎南署は9日、死体遺棄の疑いで同県尼崎市大島、無職、原田清和容疑者(49)を逮捕した。同署によると、「倒れているのを見つけ、死んでいるのは分かっていたが放置した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、10月中旬ごろ、自宅1階の居間に、母親の幹子さん(83)の遺体を遺棄したとしている。幹子さんはうつぶせに倒れており、目立った外傷はなかった。司法解剖して詳しい死因を調べる。

 同署によると、原田容疑者は幹子さんと2人暮らし。幹子さんを見かけないことを不審に思った近所の住民が、尼崎市内に住む原田容疑者の兄に連絡。8日午後、兄が自宅を訪れて遺体を発見、通報した。

「産経WEST」のランキング