産経WEST

【衝撃事件の核心】「僕の心は全く変わっていない」研究者男女、しつこい復縁要求、「貸した金返せ」…ドロ沼訴訟の顛末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「僕の心は全く変わっていない」研究者男女、しつこい復縁要求、「貸した金返せ」…ドロ沼訴訟の顛末

出会いは約10年前。同じ大学で教授を務める男性と講師の女性が深い仲になったが、後に男性が既婚者と判明する。女性から別れを告げた後も、男性からたびたび復縁を求められ、「貸した金を返せ」と大量のメールが届くように。女性は精神的苦痛を受けたとして訴訟を提起したが… 出会いは約10年前。同じ大学で教授を務める男性と講師の女性が深い仲になったが、後に男性が既婚者と判明する。女性から別れを告げた後も、男性からたびたび復縁を求められ、「貸した金を返せ」と大量のメールが届くように。女性は精神的苦痛を受けたとして訴訟を提起したが…

 芸能界や政界に限らず、どんな世界であっても「道ならぬ恋」にはトラブルがつきものなのだろうか。出会いは約10年前だった。同じ大学で教授を務める男性と講師の女性は次第に深い仲になった。だが、後に男性は既婚者と判明する。女性から別れを告げ、連絡も絶った。ところが、教授から復縁を求められ、「交際中に貸したお金を返せ」というメールも大量に送られてきた。女性は教授を相手取り、精神的苦痛を受けたとして慰謝料など計330万円の損害賠償を求めて裁判所に訴訟を提起した。これに対し、教授も交際中に貸した180万円の返還を求めて訴えを起こした。研究者同士の訴訟に裁判所が下した判断は-。

出会いは大学

 訴訟記録をもとに2人の出会いから別れをたどる。

 平成18(2006)年春。A子さん=30代=は、関西のある大学に講師として着任し、同じ大学の教授、B男さん=40代=と出会った。やがて2人で食事に行くようになり、交際が始まった。

 B男さんは、結婚をほのめかすこともあったというが、妻子がいて、単身赴任中だった。

 A子さんによれば、19年2月ごろ、こう言われたという。

 《妻とは離婚協議中だ

 《近々妻と離婚したら結婚してほしい

 双方が署名押印してある離婚届も見せられた。

 しかし、状況が変わることはなく、A子さんは24年夏、別れを告げ、住んでいる場所も変えた。

 だが、事は簡単には終わらなかった。

A子の講義に知人を出席させ…

 復縁はきっぱりと拒んだにもかかわらず、B男さんから面会や復縁などを求めるメールが次々と送られてきた。その数は確認できた25年1~8月の約7カ月間で199通にも上った。

研究者らしく小まめに「思い出、永遠」「講義うまい」「メール催促は当然…」

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング