産経WEST

北九州の立てこもり、猟銃男、犬撃った直後に自殺か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北九州の立てこもり、猟銃男、犬撃った直後に自殺か

 北九州市八幡西区穴生4丁目のマンション7階の部屋で8日早朝、住人の60代の男が猟銃を持って立てこもった事件で、捜査員が突入後死亡が確認された男は頭部から血を流していたことがわかった。発砲は間隔を置かずに2発あり、福岡県警は男が飼い犬を狙った直後に頭部を撃って自殺したとみている。

 県警によると、8日午前6時10分ごろ、住人の男が室内犬を撃ったと110番があった。男は立てこもり、午後1時40分ごろ捜査員が部屋に突入、男が死亡しているのを確認した。自殺したとみられる。同居する男の妻は発砲直後に逃げ出し、人質やけが人はいない。発砲は2発だったとみられる。

 発砲時、リビングにいた妻が廊下で倒れている犬と、猟銃を持った男を見つけ、別の階に住む女性宅に逃げ込んで発覚。この女性が110番した。県警が部屋の固定電話や男の携帯電話に連絡したが、応答はなかったという。

 立てこもった男は会社員とみられ、猟銃を扱う免許を取得。妻は「夫は仕事で悩んでいた」と話しているという。元自衛官との情報もあり、県警が確認している。

「産経WEST」のランキング