産経WEST

【連続青酸死公判】筧千佐子被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【連続青酸死公判】
筧千佐子被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁

筧千佐子被告 筧千佐子被告

 京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件で、夫や内縁男性ら4人に青酸化合物を飲ませて殺害したなどとして殺人罪と強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の裁判員裁判の判決公判が7日、京都地裁で開かれ、中川綾子裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は死刑判決を不服として即日控訴した。

 中川裁判長は判決理由で「金銭欲のための犯行で悪質」とし、「認知症などを最大限考慮しても死刑を回避するべき事情はない」と断じた。

 中川裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由の朗読から始めた。まず、起訴された4件全てを青酸化合物を使った筧被告の犯行と認定。軽度の認知症と診断されていたが、被告の責任能力と訴訟能力を認めた。

 夫の勇夫さん=当時(75)=に対する殺人罪は「疑いを持たれることなく青酸化合物を服用させることができたのは、自宅で一緒にいた筧被告以外にいない」と指摘。内縁関係だった本田正徳さん=同(71)=に対する殺人罪では、動機を「死亡から間もなく遺産取得の手続きをしており、遺産目的で殺害した」と認定した。

 公判で検察側は、筧被告の周辺から青酸化合物が見つかったことや、被害者が筧被告と一緒のときに青酸中毒になっていたことなどを挙げ、筧被告の犯行と断定。動機は「遺産目的や借金の返済を免れる狙いがあった」としていた。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング