産経WEST

特急「ソニック10号」の窓に蜘蛛の巣状のひび 走行中か、段ボールで応急処置 JR九州

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


特急「ソニック10号」の窓に蜘蛛の巣状のひび 走行中か、段ボールで応急処置 JR九州

 7日午前9時ごろ、大分発博多行き特急「ソニック10号」がJR折尾駅(北九州市)に停車した際、運転室のドアの窓1カ所にクモの巣状のひびが入っているのを運転士が見つけた。けが人はなかった。

 JR九州によると、出発前の点検では異常はなく、ひびは走行中に入ったとみられる。段ボールで応急処置をして運転を再開させた。JR九州が原因を調べている。

「産経WEST」のランキング