産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】中田翔獲り「急げ!」電鉄首脳が異例検討プッシュ 金本監督3年契約を正式提示も投手FA補強は…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
中田翔獲り「急げ!」電鉄首脳が異例検討プッシュ 金本監督3年契約を正式提示も投手FA補強は…

6月の阪神-日本ハムの試合前練習で談笑する金本監督と中田翔。来季は監督と選手の立場に? 6月の阪神-日本ハムの試合前練習で談笑する金本監督と中田翔。来季は監督と選手の立場に?

 阪神球団が今季で2年契約が終了した金本知憲監督(49)に来季からの3年契約を正式提示しました。一方で来季に向けた補強戦略はFAによる投手補強はすでに全滅状態。新外国人野手についてはウィリン・ロザリオ内野手(28歳=韓国ハンファ)の獲得に向けてメジャーを含む複数球団と争奪戦の状況です。金本監督は高知・安芸秋季キャンプで総勢31人の若手を鍛え上げ、戦力アップの基本軸にする考えですが、阪神電鉄本社首脳は球団に対して中田翔内野手(28歳=日本ハム)獲得の検討を急ぐように強烈プッシュしています。

■「契約3年でも、成績が悪ければ1年で終了」

 日本シリーズが行われていた裏側? ですでに金本阪神は来季に向けてスタートを切っていますね。高知・安芸秋季キャンプでは投手14人、捕手4人、内野手7人、外野手6人が日々、激しく厳しい練習で個々のレベルアップに挑んでいます。

 金本監督が監督に就任してこれで3度目の秋季キャンプです。春季キャンプ2度を含む5度目のキャンプともいえます。数々の阪神監督を見てきましたが、ことキャンプの進め方については金本流が一番うまいと評価しています。後はキャンプの成果をシーズンでどこまで出せるか。過去2シーズンは4位、そして2位。来季は監督就任3年目のシーズンです。球団の周辺も阪神ファンも気持ちはひとつ。来季こそ2005年以来のリーグ制覇を果たしてほしいものですね。

 こうした状況下、阪神球団は今季で2年契約が切れた金本監督に対して正式に3年契約を提示しました。このコラムでは9月10日の記事でいち早く報じていますが、球団関係者はこう語りました。

 「金本監督には来季以降に向けた契約を提示している。もうサインしたかどうかは知らないが、断る理由はないだろう。これで3年先まで契約上は保証されるわけだけど、実際はそんなに甘くは考えていない。監督に就任して来年で3年目。ファンだって、そろそろ結果を求める。来季からは1年、1年が勝負と考えてもいいはずだ」

球団関係者「3年ある…なんて大間違い。過去の監督たちも…」

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング