産経WEST

線路と道路両用車 東京五輪目標に営業運行 徳島・高知の阿佐海岸鉄道

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


線路と道路両用車 東京五輪目標に営業運行 徳島・高知の阿佐海岸鉄道

線路を走行するDMV(徳島県提供) 線路を走行するDMV(徳島県提供)

 徳島県と高知県を結ぶ阿佐東線を運営する阿佐海岸鉄道は、2020年東京五輪・パラリンピックを目標に、線路と道路の両方を走行できるデュアル・モード・ビークル(DMV)の世界初の営業運行開始を目指している。観光の目玉として、新車両製造や運転士募集などの準備を進める。

 DMVはマイクロバスを改造し、線路用の車輪と道路用のゴムタイヤの切り替えができる車両。国内ではJR北海道が平成16年に開発したが、実用化を断念した。徳島県はこれまで、JR北海道から車両を借りて試験運転をしたことがある。

 徳島、高知両県などでつくる「阿佐東線DMV導入協議会」は本年度中に3台の発注を目指している。徳島県は車両製造や駅舎改築のため、本年度予算に約9740万円、高知県は1850万円を計上した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング