産経WEST

【衝撃事件の核心】ストーカーに悪用された観光客向けWi-Fi 好意寄せる女性にわいせつ画像送信…利便性と犯罪抑止は両立できるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
ストーカーに悪用された観光客向けWi-Fi 好意寄せる女性にわいせつ画像送信…利便性と犯罪抑止は両立できるか

京都市営地下鉄の山科駅などで主任助役として勤務していた男が知人女性に繰り返していたストーカー行為。京都市が観光客向けに整備した公衆無線サービスをメール送信に悪用し、身元を特定されないように複数のフリーメールアドレスなどを使い分けていた 京都市営地下鉄の山科駅などで主任助役として勤務していた男が知人女性に繰り返していたストーカー行為。京都市が観光客向けに整備した公衆無線サービスをメール送信に悪用し、身元を特定されないように複数のフリーメールアドレスなどを使い分けていた

 満たされない恋愛感情のはけ口に、知人女性へわいせつ画像を繰り返しメールで送りつけたなどとして、京都市営地下鉄の山科駅などで主任助役として勤務していた男がストーカー規制法違反容疑で京都府警に逮捕された。観光客が手軽にインターネットを利用できるよう京都市が整備した無料公衆無線LANサービスを悪用。匿名性の高い約20種類のメールアドレスを使い分けて身元の特定や捜査から逃れようとしていたとみられる。便利なサービスが犯罪に利用された形だが、果たして利便性の維持と犯罪抑止は両立できるのか。

「恋愛感情が満たされない」

 始まりは今年1月。女性(25)の父親宅に荷物が届いた。送り主欄には女性の名前。中身はアダルトグッズだった。当然、女性は身に覚えはない。月内にもう1度荷物が届き、中身はやはりアダルトグッズだった。

 「あの男かもしれない」

 女性は知人の男が脳裏に浮かび、すぐに京都府警に相談した。それから約2カ月後の3月、女性のスマートフォンに1通のメールが届いた。見知らぬアドレスだった。男性の下半身の画像が添付されていた。

 スマホには6月19日まで約3カ月間、性行為の様子などわいせつ画像を添付したメールが送られ続けた。その数24通。いずれも知らないアドレスからだった。

 京都府警は9月12日、ストーカー規制法違反容疑で京都市交通局職員の男(50)=同罪で起訴、22日付で懲戒免職=の逮捕に踏み切った。

 捜査関係者や起訴状などによると、男は「女性に対する恋愛感情が満たされなかった」などの理由から、約5カ月間にわたり嫌がらせを繰り返し、アダルトグッズも女性の名をかたってネット通販で購入、発送していた。

東京五輪へ国も推進「Wi-Fi」の“盲点”…サイバー犯罪、京都府警は見逃さず

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング