産経WEST

海賊版誘導サイト、人気作の「ただ読み」横行の窓口に 「ありとあらゆる漫画のリンク掲載」損失30億円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


海賊版誘導サイト、人気作の「ただ読み」横行の窓口に 「ありとあらゆる漫画のリンク掲載」損失30億円

連行される成合太彰容疑者=31日午前6時32分、大阪府豊中市 連行される成合太彰容疑者=31日午前6時32分、大阪府豊中市

 大阪府警などの合同捜査本部が31日、著作権法違反容疑で運営者らの取り調べに乗り出した国内最大規模のリーチサイト「はるか夢の址(あと)」は人気漫画の海賊版へつながるリンクが並び、違法な“ただ読み”を横行させる窓口となっていた。

 同サイトで「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」など作品名が記されたリンクをクリックすると、別の海賊版サイトに誘導され、広告画面が表示された後、海賊版のダウンロードや閲覧が可能になる。

 「ありとあらゆる漫画のリンクが掲載されていた。発売直後の作品も多い」。大阪府警に被害相談をした「コンピュータソフトウェア著作権協会」(東京)の広報担当者は嘆く。消費者が本来出版社側に支払うべき作品の代金が入らず、出版業界での損失は推計で年間約30億円に上るという。

 ただ、リーチサイトが著作権法に違反するかどうかは有識者の間で意見が割れている。国の文化審議会では昨年から議論が本格化し、メンバーの法学者は「著作権侵害の幇助に当たり法整備が必要」と強調。一方で、日本知的財産協会は「表現の自由の萎縮につながる可能性もあり、極めて悪質なものに限って規制対象とするべきだ」と慎重な意見を示した。

「産経WEST」のランキング