産経WEST

海賊版誘導「リーチサイト」運営者ら聴取へ 「ドラゴンボール」「ONE PIECE」…漫画や本の無料閲覧助長 大阪府警など

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


海賊版誘導「リーチサイト」運営者ら聴取へ 「ドラゴンボール」「ONE PIECE」…漫画や本の無料閲覧助長 大阪府警など

 漫画や書籍を違法にコピーしたインターネット上の海賊版サイトのURL(アドレス)をまとめて掲載し、利用者を誘導する「リーチサイト」について、大阪府警などの合同捜査本部が近く著作権法違反容疑で、サイト運営者ら数人を一斉に事情聴取する方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 リーチサイトは直接的に海賊版ファイルをアップロード(公開)しているわけではないが、利用者と海賊版との橋渡しをすることで実質的に著作権を侵害しているとして、文化庁や業界団体が問題視してきた。

 ただ海賊版サイトは海外のサーバーを経由していることも多く、リーチサイトも含めて実態把握が難しかった。

 捜査関係者によると、著作権法違反の疑いがあるのは、国内最大規模とされたリーチサイト「はるか夢の址(あと)」(現在は閉鎖)。人気漫画の「ドラゴンボール」や「ONE PIECE(ワンピース)」などの海賊版を無断公開するサイトのURLを紹介していた。

「産経WEST」のランキング