産経WEST

【芸能プレミアム】不思議な世界を楽しんで 舞台「関数ドミノ」出演 瀬戸康史

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能プレミアム】
不思議な世界を楽しんで 舞台「関数ドミノ」出演 瀬戸康史

 「これだけのネガティブボーイを演じるのは初めてですね」と魅力的な笑顔を見せる。NHK連続テレビ小説「あさが来た」をはじめ、ドラマや映画にと活躍めざましい。

 そんな人気俳優がネガティブボーイを演じるのは、舞台「関数ドミノ」(11月10~12日、兵庫県立芸術文化センター)。

 ある都市で、横断歩道を渡る歩行者。そこへ速度を落とさず車が向かう。ところが歩行者の数センチ手前で、まるで透明な壁に衝突したかのように車が大破。目撃者は真壁(瀬戸)を含めて3人。真壁は、この奇妙な交通事故に、ある荒唐無稽な仮説を立てる。やがて、その仮説を裏付けるような不思議な出来事が起こり始める…。

 真壁は自分に自信がなく嫉妬の塊のような人物。確かにネガティブボーイだ。「僕も似たところがあるので共感します。僕は童顔なのがコンプレックスですし、性格も消極的」と意外な発言。

 そんなふうには見えませんけど、と驚くと、「そう思っていただけるなら、真壁という男とのギャップで面白くなるかもしれませんね」とさわやかな笑顔。「本当に不思議な世界に連れていってくれる作品なんです」

 劇団「イキウメ」を率いる前川知大(ともひろ)の作・演出で平成17年に初演され、再演を重ねている人気作。今回は初の劇団外での上演で、寺十吾(じつなし・さとる)が演出を手がける。「イキウメ」はオカルトやSFなど超常的な世界を日常に取り込みつつ、深遠なメッセージを放つのが特徴。

続きを読む

このニュースの写真

  • 不思議な世界を楽しんで 舞台「関数ドミノ」出演 瀬戸康史
  • 不思議な世界を楽しんで 舞台「関数ドミノ」出演 瀬戸康史

「産経WEST」のランキング