産経WEST

ワイパーのはずがブレーキ操作、特急100キロ走行中に急停車 JR四国の予讃線

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ワイパーのはずがブレーキ操作、特急100キロ走行中に急停車 JR四国の予讃線

 JR四国は、29日午後6時半ごろ、予讃線の高松発高知行き特急「しまんと7号」(2両編成)が高松市内を時速約100キロで走行中、運転士(57)がワイパーを動かす際に誤って予備ブレーキをかけ、列車が急停車するトラブルがあったと30日発表した。乗客10人にけがはなかった。

 JR四国によると、ワイパーのスイッチの隣にブレーキのスイッチがあり、運転士が誤ってブレーキのスイッチを押した。運転士が「ワイパーを動かしたらなぜか列車が止まった」と指令所に連絡し、やりとりの中で誤操作に気付いた。列車は約20分間停車した。

 影響で本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線の快速マリンライナーなど上下線計7本が最大21分遅れた。

「産経WEST」のランキング