産経WEST

【ドラフト裏話】キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ドラフト裏話】
キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 

 プロ野球のドラフト会議が26日に開かれ、最大の目玉だった早実高・清宮幸太郎内野手は7球団の競合の末、日本ハムが交渉権を獲得した。清宮に何球団の指名が集まるかが注目された今回のドラフト。結果的には高校生では1995年の福留孝介(PL学園高)に並ぶ過去最多の7球団の指名が重複する人気ぶりとなった。

【プロ野球ドラフト2017】清宮の交渉権を引き当て、ガッツポーズの日本ハム・木田優夫GM補佐(左から3人目)=港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・荒木孝雄) 【プロ野球ドラフト2017】清宮の交渉権を引き当て、ガッツポーズの日本ハム・木田優夫GM補佐(左から3人目)=港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・荒木孝雄)

変わった各球団の1位指名戦略

 前日までに清宮の指名を明言していたのが阪神、ヤクルト、ソフトバンクの3球団。巨人と日本ハムも指名が有力視され、最低でも5球団は重複するとみられていた。

 一方で、広島は地元の広陵高の中村奨成(しょうせい)捕手を、オリックスと西武は即戦力左腕のJR東日本の田嶋大樹投手の指名を明言。残るDeNA、中日、楽天、ロッテの4球団の指名をめぐってドラフト当日まで各球団の情報戦は繰り広げられた。

【プロ野球ドラフト2017】広島がドラフト1位で交渉権を得て広陵ナインに担がれる中村奨成=広島市安佐南区の広陵高校(撮影・鳥越瑞絵) 【プロ野球ドラフト2017】広島がドラフト1位で交渉権を得て広陵ナインに担がれる中村奨成=広島市安佐南区の広陵高校(撮影・鳥越瑞絵)

 最終的に清宮を回避する形になったのは、立命大の左腕の東(あずま)克樹投手を“一本釣り”したDeNAだけ。楽天、ロッテも清宮争奪戦に加わったことで7球団の指名が重複する事態になった。

日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車されてガッツポーズする早実高の清宮(大橋純人撮影) 日本ハムから1位指名を受け、チームメートに肩車されてガッツポーズする早実高の清宮(大橋純人撮影)

【ドラフト】広陵の中村は地元広島へ「まずは新人王」 捕手にプライド

続きを読む

このニュースの写真

  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 
  • キーマンは履正社・安田 水面下でギリギリの情報戦 清宮に7球団の指名が集まった理由…担当記者インサイド 

関連ニュース

「産経WEST」のランキング