産経WEST

USJ復活の立役者が新会社設立 森岡毅氏、マーケティングで企業支援

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


USJ復活の立役者が新会社設立 森岡毅氏、マーケティングで企業支援

マーケティングの新会社を設立した森岡毅氏=大阪市内(山田哲司撮影) マーケティングの新会社を設立した森岡毅氏=大阪市内(山田哲司撮影)

 大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で低迷していた入場者数を6年連続で増やし、V字回復に導いた元マーケティング本部長の森岡毅氏(45)が、マーケティングで企業の成長を手助けする会社を設立した。27日、産経新聞のインタビューに応じた森岡氏は「マーケティングを武器に国内企業そして日本が元気になれるお手伝いをしたい」と強調した。

 新会社は「株式会社刀(かたな)」で、森岡氏がCEO(最高経営責任者)に就任。従業員は二十数人で、需要予測や戦略的人事など各専門分野で森岡氏が信頼を置く精鋭を集めた。すでに今夏に数社と契約を締結し、「(顧客である)会社の中から、当事者となって改革を進める」考えを示した。

 「刀」は通常のコンサルタント会社とは異なり、マーケティングのノウハウを定着させることで成長し続ける企業に変えることを主眼とする。森岡氏は「魚を与えるのでなく、企業が釣り竿を使って自身で魚を釣れるようにする」と説明。契約期間は1社につき「結果を出すために必要」な3~5年を想定する。

 また、日本企業にマーケティングが十分生かされていない点を憂慮。「これまでは国内需要で生きてこられたが、今後は外資参入が加速し競争は激しくなる」としたうえで、「自動車業界や家電業界でマーケティングを生かせば、日本の産業はもっと強くなる」と述べた。

「産経WEST」のランキング