産経WEST

西本願寺・大谷光真前門が同志社大チャペルで異例の講演 「教義論争より共通課題への取り組み重要」 牧師、僧侶聴き入る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


西本願寺・大谷光真前門が同志社大チャペルで異例の講演 「教義論争より共通課題への取り組み重要」 牧師、僧侶聴き入る

シンポジウムで講演した浄土真宗本願寺派の大谷光真前門=京都市上京区の同志社礼拝堂 シンポジウムで講演した浄土真宗本願寺派の大谷光真前門=京都市上京区の同志社礼拝堂

 浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)で平成26年まで第24代門主を務めた大谷光真前門が、京都市上京区の同志社大構内にある同志社礼拝堂(チャペル)で講演した。伝統仏教教団の元トップがキリスト教の施設で話すのは異例とあって、僧侶や牧師を含む約120人が熱心に耳を傾けた。

 同志社大の「良心学研究センター」が23日開いたシンポジウム「仏教とキリスト教の対話-共通善を求めて」の講師として招いた。同センターは同志社の建学精神に通じる「良心」についての考察を目的としており、今回のシンポジウムのテーマを宗教間協力とした。

 講演で大谷前門は「異なる宗教は教義の論争をするのでなく、共通の課題に取り組むことが重要だ」と指摘。仏教の善が悪を犯さないという戒律で示されることを紹介しつつ「社会性が乏しく、社会問題を取り上げていないという批判もある」と率直に語った。

 この後、センター長の小原克博教授も登壇して質疑応答を行った。それぞれの立場で考える幸福について問われると、小原教授は「幸福の最大化ではなく不幸の最小化という視点を、宗教は明確に持つべきだ」、大谷前門は「一人一人が豊かな心を目指すことが幸福につながる。宗教性を除いた幸福は危ない幸福ではないか」と答えていた。

「産経WEST」のランキング