産経WEST

【ドラフト】「小柄でも通用すると証明したい」 DeNAドラ1立命大の左腕、東克樹投手

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ドラフト】
「小柄でも通用すると証明したい」 DeNAドラ1立命大の左腕、東克樹投手

DeNAから1巡目指名を受け会見する立命館大・東克樹=2017年10月26日、立命館大学(森本幸一撮影) DeNAから1巡目指名を受け会見する立命館大・東克樹=2017年10月26日、立命館大学(森本幸一撮影)

 今年のドラフト会議で、DeNAから単独1位指名を受けた立命館大の左腕、東克樹投手は、プロでの意気込みを聞かれ、迷いなくこう言った。「小柄でも通用することを証明したい」。

 身長170センチ。「背が低くてもあれだけプロで活躍できるのはすごい」とヤクルトの石川を目標の選手に掲げる。高校時代、身長167センチの石川の投球術を本で研究し、カットボールの投げ方を覚えた。東の武器は最速152キロの速球と抜群の制球力だが、「石川さんから学んだカットが今も武器になっている」と胸を張る。

 今春のリーグ戦で球速が4キロ伸びたことが自信になり、プロを志望。卒業後の入部が内定していた社会人野球チームと交渉し、「ドラフト2位指名以上ならプロに行く」という条件を泣く泣く受け入れてもらった。だからこそ、「この道を選んで正解だったと思える活躍がしたい」と力を込める。

 DeNAでは今永や浜口ら先輩左腕が手本となるが、「言われたことばかり聞いていては自分が潰れてしまう」と合わない投球フォームなどは受け入れないという信念がある。己を信じ、狙うは新人王だ。

         (岡野祐己)

「産経WEST」のランキング