産経WEST

【ドラフト】阪神くじ引き連敗も、金本監督初の投手1位指名の現実的戦略

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ドラフト】
阪神くじ引き連敗も、金本監督初の投手1位指名の現実的戦略

仙台大・馬場皐輔のくじを確認する前に笑顔を見せる阪神・金本知憲監督 =26日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(長尾みなみ撮影) 仙台大・馬場皐輔のくじを確認する前に笑顔を見せる阪神・金本知憲監督 =26日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(長尾みなみ撮影)

 阪神は1位で清宮、安田と超高校級のスラッガーを狙ったが、くじ引きで連敗した。いずれもくじを引いた時点で“当たり”は残っていなかっただけに、金本監督もあきらめの表情。3回目の抽選で本格派右腕の馬場(仙台大)を何とか引き当て、「これを外したら嫌だなと思っていたのでホッとしたのが一番」と、ひと息ついた。

 金本監督にとって、3回目のドラフトで初の投手1位指名になった。馬場について「馬力があり、球速も150キロ以上あって、タフな投手」と評価。「息の長い、勝てる投手になってほしい」と期待を寄せた。

 球団幹部は「即戦力投手はチームの一番の補強ポイントだった」と強調する。2位でも速球派左腕の高橋遥(亜大)を指名したことがそれを物語る。今季はシーズン終盤までメッセンジャー、秋山に続く3番手以降の先発陣に窮したのが現状。清宮という“大物”は逃したが、5位まで大学生・社会人を指名した今回のドラフトは、現実的な戦略だったといえる。

          (丸山和郎)

「産経WEST」のランキング