産経WEST

【将棋】最年少プロ棋士、藤井聡太四段が高校進学へ「全てをプラスにこれからも進んでいきたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
最年少プロ棋士、藤井聡太四段が高校進学へ「全てをプラスにこれからも進んでいきたい」

藤井聡太四段(日本将棋連盟提供) 藤井聡太四段(日本将棋連盟提供)

 日本将棋連盟は25日、将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロで名古屋大学教育学部付属中学校3年生の藤井聡太四段(15)が、付属高校へ進学する意向を固めたと発表した。将棋に専念する時間が少なくなることを懸念し、高校進学を迷っていた藤井四段の動向に注目が集まっていたが、学業との両立を図っていく。

 現在、対局のたびに自宅のある愛知県瀬戸市から東京や大阪に出かけている。これまで藤井四段は進路について「決まっていない。進学すると時間的な制約がある」「学校に行く選択も、その逆も考えられる。何とも言えないのが正直なところ」などと揺れる思いを語っていた。

 一方で、藤井四段に高校進学を勧める関係者は多かったといい、これらの助言も踏まえ、最終的に高校に進学することを決断したとみられる。

 藤井四段は「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とコメントした。

 佐藤康光・日本将棋連盟会長の話「悩み、考え、決断したことは一つの財産。大いなる自信を持って日々邁進してもらいたい」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング