産経WEST

【台風21号】一部運休の近鉄生駒線が全線で運転再開 線路流入土砂の「撤去完了」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風21号】
一部運休の近鉄生駒線が全線で運転再開 線路流入土砂の「撤去完了」

22日深夜の台風21号の影響で土砂崩れが発生し、東山-王寺間が運転見合わせとなった近鉄生駒線。25日夕、ようやく全線で運転再開となった=25日朝、奈良県王寺町の近鉄王寺駅前(前川純一郎撮影) 22日深夜の台風21号の影響で土砂崩れが発生し、東山-王寺間が運転見合わせとなった近鉄生駒線。25日夕、ようやく全線で運転再開となった=25日朝、奈良県王寺町の近鉄王寺駅前(前川純一郎撮影)

 台風21号の影響により沿線で土砂崩れが発生し、一部で運転見合わせが続いていた近鉄生駒線は25日午後6時前、全線で運転を再開させた。

 土砂崩れは22日深夜に同線竜田川(奈良県平群(へぐり)町)-勢野北口(せやきたぐち)(同県三郷町)間で発生。近鉄は、東山(同県生駒市)-王寺(同県王寺町)間で運転を見合わせ、24日朝から代行バスによる振り替え輸送などを実施していた。

 近鉄によると、土砂は線路にまで流れ込んだが、撤去作業が完了。二次災害の恐れもないことから運転再開に踏み切ったという。

 ただ、当面の間は、現場に係員を配置して監視を続け、現場通過の際も徐行運転を行うとしている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング