産経WEST

【ボクシング】47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ボクシング】
47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在

 「浪速のジョー」と呼ばれ、今もボクシングファンの間で根強い人気を誇る辰吉丈一郎が現役にこだわり、練習を続けている。47歳の元WBC世界バンタム級王者は白髪も目立つようになったが、トレーニングで鍛え上げられた鋼の体は健在。息子と同じ世代の若手に交じって連日、ジムで汗を流す。今年、中学校時代の同級生らが「私たちはジョーをあきらめない」とする応援プロジェクトを立ち上げた。辰吉は「とにかく試合をしたい」と意気込んでいる。(佐々木正明)

明石市内のボクシングジムで汗を流す辰吉丈一郎(提供写真)

 ■支援のサイトは「私たちはジョーをあきらめない」

希代の天才ボクサー

 辰吉は1989年に19歳でプロデビュー。91年に当時、国内最短記録となる8戦目で世界王座に就いた。「希代の天才ボクサー」としてカリスマ的な人気を誇った。

 しかし、ボクサー生命を奪う網膜剥離(はくり)にかかり、引退の危機に追い込まれた。その後、復帰を求めるファンの声に後押しされ、97年に再度、王座に返り咲いた。

 日本ボクシングコミッション(JBC)は37歳の定年規定を設けている。意欲十分の辰吉には所属ジムの尽力もあって特例措置も取られ、現役を続行したが、実戦は2009年3月にタイで行った試合を最後に遠ざかっている。

 「あれからもう8年か。驚きやな」。辰吉はそう言って、苦笑いした。

明石市内のボクシングジムで汗を流す辰吉丈一郎(提供写真)

「浪速のジョー」辰吉おじいちゃんに…次男寿以輝20歳でパパ

続きを読む

このニュースの写真

  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在
  • 47歳、燃える浪速のジョー もう一度世界の頂点へ 辰吉丈一郎の飽くなき挑戦続く 鍛え上げられた鋼の体は今も健在

関連ニュース

「産経WEST」のランキング