産経WEST

台風の爪痕、国史跡、天然記念物にも…“天空の城”竹田城で土砂崩れ、樹齢800年「鷺の森のケヤキ」倒れる 兵庫

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


台風の爪痕、国史跡、天然記念物にも…“天空の城”竹田城で土砂崩れ、樹齢800年「鷺の森のケヤキ」倒れる 兵庫

根本から折れた神戸市天然記念物の「鷺の森のケヤキ」に驚く小学生=神戸市東灘区の鷺宮八幡神 根本から折れた神戸市天然記念物の「鷺の森のケヤキ」に驚く小学生=神戸市東灘区の鷺宮八幡神

 超大型の台風21号が通過して一夜明けた23日、兵庫県内でも暴風や大雨による被害が明らかになった。県などによると、各地で高齢者の転倒が相次ぎ、重傷者8人を含む少なくとも56人がけがをした。「天空の城」として知られる朝来市の国史跡、竹田城跡では土砂崩れで入山が禁止されるなど被害は観光地にも及んだ。

 神戸地方気象台などによると、22日午後から23日早朝にかけて県内全域で暴風警報が発令され、神戸市では最大瞬間風速45・9メートルを記録。三田や西脇など4市では観測史上最高の瞬間風速を記録した。

 屋外で転倒する高齢者が相次ぎ、神戸市兵庫区の80代の女性が太ももを骨折するなど、少なくとも計56人が負傷。養父市などで計2棟が床下浸水した。西宮市など県内6市町で計12棟の住宅などの屋根がはがれ、姫路市夢前町の県立夢前高校でも体育館の屋根が吹き飛んだ。神戸市中央区の県警本部庁舎(23階建て)では、屋上のステンレス製の建築部材(重さ20~30キロ)がはがれて落下し、駐車場の車に当たった。

 また、県内有数の観光地の竹田城跡(朝来市)では土砂崩れが発生し、幅約5メートル、高さ約10メートルにわたり土砂や木が登山道をふさぎ通行止めとなった。神戸市東灘区の鷺宮(さぎのみや)八幡神社では、樹齢約800年とされる市天然記念物の「鷺の森のケヤキ」が倒れ、同市立王子動物園でも樹木が倒れて通路をふさいだため25日まで閉園するという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 台風の爪痕、国史跡、天然記念物にも…“天空の城”竹田城で土砂崩れ、樹齢800年「鷺の森のケヤキ」倒れる 兵庫

「産経WEST」のランキング