産経WEST

【鉄道ファン必見・動画】40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見・動画】
40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…

583系を使用した特急はつかり。東北線を代表する名列車だった 583系を使用した特急はつかり。東北線を代表する名列車だった

 東京からの九州行きブルートレインの先陣を切った「さくら」。名古屋からわざわざ紀伊半島を回って天王寺を目指した「くろしお5号」。新幹線開通前の東北線を快走した「はつかり5号」。ちょうど40年前、昭和52年10月号の「国鉄監修 交通公社の時刻表」を開くと、名列車たちがよみがえる。いま挙げた3本の特急には共通点がある。それはエリートトレインの証明である列車番号「1」が付けられていたことだ。

 ■ファーストナンバーの風格

 下り「さくら」は16時30分に東京を出発。長崎行きが食堂車込みの8両、佐世保行きが6両。計14両を電気機関車EF65の500番台がピンク色のヘッドマークを掲げて牽引していた。列車番号は「1」。まさに国鉄を代表する特急列車の風格を感じさせた。

 下り「くろしお5号」は名古屋9時50発。新宮、白浜、和歌山と紀勢線を丹念にたどり、天王寺には18時14分着。前面のデザインからブルドックと呼ばれたキハ81を使用していた。列車番号は「1D」だった。

 下り青森行き「はつかり5号」の列車番号は「1M」。16時に上野を出発すると停車駅は宇都宮、福島、仙台、盛岡だけ。夜は寝台特急、昼は通常の座席特急として使われた583系の13両編成で、自由席はなく、まさに選ばれた特急といった感じだった。

 ■列車個々への識別番号

 列車番号は国鉄、JR各社のすべての列車に付けられており、業務上、列車を指し示す場合はこの番号が用いられる。例えば、大阪駅の姫路行き新快速は1日に何本もあるが、列車番号「3417M」といえば8時38分発と限定される。下りは奇数、上りは偶数で、末尾に電車の場合は「M」、ディーゼルカーの場合は「D」が付き、客車の場合は何もつかない。全国で同じ番号が存在する可能性もあるが、走行区間は重ならないようになっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…
  • 40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…
  • 40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…
  • 40年前の時刻表を読む 名列車がつけたナンバー「1」 さくら、はつかり、くろしお…

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング