産経WEST

【衝撃事件の核心】「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが… 59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが…

 あやかは「悪者に追いかけられている」と言い訳メールを送っていたが、裁判所は「明らかに不自然な理由で会うのを拒否している。サイトの会員ならこのような無意味なやりとりを行う合理的な理由はない」と指摘。あやかについて「実際に会えると誤信させてポイントを消費させるよう指示されていたサクラだった」と判断した。

 さらに「仮に実在の人物でも、サイト側から指示を受けてメールのやりとりをしていた」と述べ、女性が実在しようがしまいがサクラには代わりがないとして、サイト側に支払い分の賠償などを命じた。

 国民生活センターによると、出会い系サイトをめぐる被害相談は後を絶たない。

 統計を取り始めた平成21年度の約3万3500件をピークに年々減少しているが、昨年度の1年間で約9600件の相談が寄せられた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング