産経WEST

【衝撃事件の核心】「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが… 59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが…

3年間で5千万円つぎ込み

 さらにこの2人に加えて第三の人物も登場。悪者に捕らわれたあやかの居場所を特定するためや、男性自身にも危険が及んでいるのを回避するためとして、『解読』『PASS』などの言葉をメール送信するよう要求した。

 ほかにも「大金をあげるから」と特定の数字や記号をメールで送るよう指示されたこともあった。気づけば男性は、サイトを利用し始めてから約3年間で計約5千万円もの大金をサイトにつぎ込んでいた。男性はサイトの運営会社を相手取り、これまでに支払った全額の返還を求める訴訟を起こしたのだった。

 「女性はサクラ」という男性の訴えに対し、サイト側は「あやかと電話で実際に話したこともある」などとした上で、「あやかは実在の人物であってサクラではない」と真っ向から反論した。

 あやかは実在するか否か-。裁判所が下した結論はサクラだった。

サイトの写真は台湾人モデル

 裁判所は判決理由の中で、サイトに登録されている女性のプロフィル写真の一部が、香港や台湾の女性モデルだったと認定。その上で、サクラと認められる要因の1つとしてドタキャンの言い訳を挙げた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング