産経WEST

【衝撃事件の核心】「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「サクラにだまされた」出会い系サイトに5千万円、被害の60代男性が怒りの提訴

59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが… 59歳までに彼女が欲しいという切実な思いで出会い系サイトに登録した男性。知り合った女性からデートの約束をキャンセルされ続けたばかりか、有料のポイントが必要なメール送信などを要求され、気づけば約5千万円をつぎ込んでいた。運営会社に対し「女性はサクラだ」と提訴に踏み切ったが…

意味不明のメール要求

 あやかは会う約束をキャンセルしただけでなく、男性に「『大丈夫!』『守る!』『安心して!』って10回送って」とメールの送信を要求してきた。

 もちろん、メールを送ればその分、有料ポイントを消費してしまう。同じ言葉を何度も送るよう頼むのは、はたから見れば不自然で、ポイントを費消させるための要求に思える。

 ただ、男性はこれに応じてしまった。

 振り込み詐欺では、さまざまな人物が代わる代わる登場して会話のペースを握り、相手の判断能力を奪う。「劇場型犯罪」と呼ばれる形態で、このサイトでも「劇場型」の展開が繰り広げられていったのだ。

 男性の場合、あやかに加え、「佑美」(仮名)と名乗る人物が登場する。

 同じくサイトで知り合った女性なのだが、佑美は自らを超能力者だとして、「あやかを悪者から助けるために必要」と訴え、こんなメールを送ってきた。

 「『ズーロア・ドッテイナユ』これを10回伝えて!」

 意味不明。文言はグーグルで検索しても出てこない。この文言を10回メールせよ、というのだ。

 だが男性は要求に従いメールを送信した。そしてポイントがなくなると、佑美は「ポイントなければどうするの?それくらい自分でわかるでしょ?」とポイント購入を催促してくることもあった。

第三の人物も登場…5000万円つぎ込み、そして写真の美女は

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング